ひきこもり バイト

ひきこもりの息子でもバイトをやる気にさせる方法

ひきこもりの息子を養えない


 日本に約300万人いるといわれているひきこもり

 私の息子もその一人でした。



 高校のときに学校でいじめにあい不登校になってから約10年。

 27歳になっても部屋から出てくるのは必要最小限で、

 話しかけても返事をするのは珍しいくらいでした。



 近所の目を気にしながら生活することはストレスも大きく、

 やがて夫も退職してしまったらどうやって生活していこうか、

 毎日不安に思いながら生活していたのです。

 一人息子で他に生活のあてもなかったため、夫の収入だけが頼りだったのです。



 そんなときに紹介されたのが、

 ひきこもりの息子を立ち直らせたある親子のひきこもり解決法でした。



 その解決法はひきこもりの人に対する家族のかかわり方を10個のステップにわけ

 ステップを踏んで行うことで早ければ1ヶ月後には社会復帰することができる

 というものでした。



 実際に全国で実績もあり、効果のない場合の返金保証もあるということだったので

 さっそく試してみると、2週間目あたりから次第に息子に変化が表れだしたのです。



 あれほどなかった会話が、息子の方から話しかけてくることがでてきました。

 さらに、夕食食べたいもののリクエストや、

 外食に行きたい・・などというようになったのです。


 
 息子が~したいということを言うのは10年ぶりだったので、

 嬉しくて泣いてしまい、早速その日の晩に家族三人で外食にいきました。



 すると、今度は自分がおごれるようにがんばる!と言ってくれ、

 翌日から様々な求人を調べ出し、近くの飲食店でバイトを始めてしまったのです!



 あまりの変化に驚き、また泣いてしまったのですが、

 息子は無理をしている様子もなく、今ではバイトから正式に社員になることができ、

 毎日元気に出社しています。



 もしあのときひきこもり解決法を試してみなかったら・・・いまでも考えてしまいます。

 もしあなたの大事な人やその家族がひきこもりに悩んでいるのならば、

 ぜひ一度試してみてください。

 自分ひとりで悩んでいても、状況は悪くなるばかりだった私からのお願いです。

ボタン

PageTop




HOME - ■メニュー1■ - ■メニュー2■ - ■メニュー3■ - ■メニュー4■ - ■メニュー5■ - サイトマップ