あがり症 汗

あがり症で汗がとまらない

あがり症で汗がとまらない

悪循環から抜け出すために


 上の図は、あがり症の方によくみられる悪循環をわかりやすく表したものです。

 スタートする場所は人によって異なりますが、ほとんどの方はこうした悪循環に悩まされています。

 私もその一人でした。

 
 私の場合は、緊張してしまうと非常に大量の汗をかいてしまうのです。体型的なものではなく緊張からくる汗なので、痩せてどうにかなるというものでもなく、もちろん暑さが原因というわけでもないので、冬でも関係なく汗をかいてしまっていました。

 そのことがコンプレックスとなり、毎回授業の発表のときなど、自分の番がくる前から緊張で汗をかき始めてしまうようになり、意識すればするほど汗がとまらなくなってしまうのです。

 
 この汗のせいで、積極的に発言することも控えるようになり、何をするにも意欲がわかなくなってしまっていました。

 そんなときに、あがり症克服講座というものの存在を知ったのです。

 
 元アナウンサーの西村順氏がまとめたこの講座は、あがり症を症状別に分けで、ピンポイントでその症状に合った対策をしているということと、1日3分間のトレーニングでいいこと、そして効果がでなかったら全額返金の保証がついていて、学生の私でも返金してもらえるなら試す価値があると思い購入してみたのです。

 
 始めてみると効果はすぐに表れました。

 まず、それまでに比べて発表に自信を持てるようになりました。
 そして、プロの話し方や、緊張したときの対処法などすぐに役立つことも多く知ることができました。

 問題の汗に関しては始めてからだいたい2週間ほどで少しずつ効果が出始め、約1ヶ月目くらいからはほとんど気にならないくらいにまで改善されたのです。

 もちろんまったくかかないということはないのですが、少なくとも汗が気になったり、汗を気にして意見を控えるというようなことはなくなりました。


 もしあなたもあがり症による汗に悩んでいるのなら、このあがり症克服講座はぜひ試してみて下さい。

 アナウンサーのような話すプロが、どのようにして緊張を抑えているか。あなたの汗もきっと改善できるはずです。

あがり症で汗がとまらない

PageTop




HOME - ■メニュー1■ - ■メニュー2■ - ■メニュー3■ - ■メニュー4■ - ■メニュー5■ - サイトマップ